予防歯科 | 横浜市青葉区、江田の歯医者・歯科、江田駅の【えだ歯科医院】

予防歯科

予防歯科

歯科医院に来院する患者さんのほとんどは歯の調子がわるくなったから、虫歯ができたからなど、歯に異変があった時にだけ来院されていたと思います。しかし、本当は虫歯になる前に定期的に予防をしていれば虫歯になりにくくなるのです。

また、虫歯の予防をすることは歯だけではなく、全身の健康にも役立ちさまざまな病気から患者さんを守ってくれます。ですから、虫歯はお口の中だけのこととは考えずに患者さんの健康そのものにかかわるものだと考えていただき、虫歯にならないためにも予防を行っていただくことが大切です。

当院の予防歯科では、レーザー治療、歯のクリーニング、歯磨き指導、歯科検診などを行い、皆ささまの大切な歯を守っていきます。

楽しく取組む虫歯予防!

虫歯予防に取組むからには、大人も子どもも「結果を出したい」と思うことでしょう。当院では、目標を着実に改善するため、数値の改善に取組める唾液検査や見る菌を導入しています。また、大人も子どももモチベーション高く虫歯予防が行えるよう、スタッフ一同努めております。

楽しく取組む虫歯予防!

唾液検査

唾液検査は、患者さんはお口をゆすぐだけです!その後、洗口液を試験紙に滴下して、測定器にセットすると、わずか数分で検査結果を見ることができます。

この検査では、むし歯菌・酸性度・緩衝能・白血球・タンパク質・アンモニアの6項目を測定することで、歯と歯ぐきの健康、口腔清潔度のリスクを調べていきます。

歯の健康リスクを測定する検査項目
むし歯菌 むし歯菌が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なう傾向に。
酸性度 唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすく・・・。
緩衝能
(かんしょうのう)
唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすい傾向に。
歯ぐきの健康リスクを測定する項目
白血球 歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。
タンパク質 口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなる傾向に。
口腔清潔度リスクを測定する項目
アンモニア 口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になると言われている。

■唾液検査の料金(税別)
1,500円

見る菌

見る菌では、スマートフォン画面で口腔内の細菌を見ることができます。

患者さんの唾液やプラークを採取し、モバイル顕微鏡(専用機器)にのせます。患者さんは、スマートフォンを撮影モードにして、専用機器に載せることでスマートフォン画面で口腔内の細菌を見ることができます。

特にお子様においては、文字や言葉で説明するより、実際に動いている菌を見ることで、理解も深まることと思っておいます。

歯磨きができるようになる取組み!

お子さまについては、「歯みがきをなかなかしてくれない」とお悩みのお母さま方もいらっしゃると思います。当院では、院長が母親としての立場から親身にアドバイスをさせていただきます。

また、「歯みがきをしていても虫歯になる」「歯医者さんに通っているのに虫歯になる」というお悩みの方もいらっしゃるのではないでしょうか。当院では、唾液検査の結果をもとに、虫歯の原因を明らかにしていきます。ただ磨くだけでなく、成果に繋がる歯磨きができるようにお手伝いさせていただきます。

歯磨きができるようになる取り組み!

レーザー治療

レーザー治療の安全性は十分に立証されています。副作用もなく、妊娠中の方、高血圧の方、薬を服用中の方、お子さまからご高齢の方まで安心して治療が受けられる治療です。当院では2種類のレーザーを導入し、治療から予防まで、さまざまなケースで使用しております。

▼レーザー治療は次のような症状に効果的です。
  • 虫歯の治療・予防: 歯の表面を強化します
  • 口内炎・入れ歯の接触痛: 痛みを和らげます
  • 根管治療: 歯の根っこ・神経の治療
  • 止血: 歯を抜いた後など無菌的に血を止めます
  • 歯ぐきの黒ずみ: メラニン色素を飛ばします
  • 知覚過敏症: 冷たい物がしみる方
  • 歯周病・歯槽膿漏の治療
  • レーザー麻酔: 麻酔の頻度と量を減らします
  • 顎関節症: あごの関節が痛む

※口内炎治療の費用は1回3,000円から治療をすることができます。

虫歯になりにくい強い歯をつくる!歯質強化の治療法

健康な歯にレーザーを照射することで、虫歯予防に大きな効果を発揮します。例えば、お子さまの乳歯が永久歯に生え変わった時に、レーザーを照射しておくことで、虫歯になりにくい強い歯をつくることができます。

当院で導入するプラズマレーザーを歯にあてることで、歯表層のエナメル質や、内部の象牙質の酸に対する抵抗力を上げて、虫歯になりにくくしてくれます。同時に、使用する特殊な酸化チタン溶液により、抗菌作用がある金属チタンがエナメル質や象牙質の表面に付着し、菌やウイルスが内部に侵入することを防いでくれます。

さらに、象牙質の隙間を埋めることができるため、知覚過敏を防ぐ効果も認められています。

この歯質強化のレーザー治療法は、院長が息子に試して実証済。効果が出ています。大人も子供もできる治療です。28本全ての歯にレーザーを照射する料金は、1回5万円(税別)となります。お子様においては、徐々に永久歯に生え変わりますので、すべての歯の照射が終わるまで追加料金は一切ございません。

ご興味ある方は、歯科検診にいらした際にでもお気兼ねなくお尋ねください。

ポイックウォーター(POICウォーター)を取扱っています!

当院では、たんぱく質分解型除菌水(POICウォーター)をうがい水に使用しております。 POICウォーターはお口のトラブルに大変有効な除菌水です。お口の中の細菌の除菌消毒を行い、口臭の発生やプラークの形成を抑制できますので、 歯周病や虫歯の予防に大変有効です。

●POICウォーターとは?

純水と塩を電気分解して生成された殺菌水です。一般的には生食用のカキや野菜などの殺菌にも使用さいれている、安全安心な水になります。(※医薬品ではございません)

●POICウォーターは何故、歯の治療に有効なの?

お口の中には、目に見えない菌が多数存在しており、それが傷口に感染し、治療後腫れてしまう、痛みが生じる場合がございます。POICウォーターは歯垢などのタンパク質汚れを分解、洗浄、殺菌する効果があるので、治療前のうがいで使用することで、お口の中を殺菌消毒でき、そのような症状を軽減する効果がございます。

【POICウォーターの効果】
◆歯垢などのタンパク汚れを分解・洗浄する効果がございます。
◆歯周病菌などを殺菌致します(人体には無害ですので安心です)

●ホームケアでも利用できるPOICウォーター!
ホームケア用にPOICウォーター

1本で約1か月ご使用することが可能です。 ご自宅でのお口のケアにいかがでしょうか?

※POICウォーターは、歯科医院のみでしか処方していない洗口液になります。

■POICウォーター料金(税込価格)

  • 1回目:3,300円
  • 2回目:2,970円(ボトル持参の場合)

歯医者の歯科検診で行うこと

歯科検診ではお口の中をチェックするだけでなく、むし歯や歯周病を予防するためにさまざまなことを行っています。

お口の中は、年齢や生活習慣によって状態が変化します。そのため、定期的に歯医者で定期検診を受けていただくことで、患者さんのお口の中の状態にあった予防方法を、お教えすることができます。

それから、虫歯になりそうな歯は、早めに見つけて悪化を防いでいくことができます。

定期的な歯科健診・歯のクリーニングでお口の中をキレイで健康に
1、虫歯のチェック

虫歯は、歯の表面だけでなく、歯と歯の間などのぱっと目で見えないところにもできやすいものです。専門的な立場から虫歯をチェックしてもらいましょう。

2、歯ぐきのチェック

歯周ポケットが深いと、歯周病になります。歯周ポケットの深さはどのくらいなのかを、チェックいたします。

3、歯磨きの指導

歯科医師や歯科衛生士が患者さんお一人おひとりにあわせた、正しい歯磨きの仕方を指導します。

歯の正しい磨き方は、その人の歯並びや歯の生え方などにより、一人ひとり違うものです。お一人おひとりに合った、歯ブラシ・フロス・歯間ブラシなどの正しい使い方をお教えします。

4、歯石・歯垢を取り除く(歯のクリーニング)

歯の汚れ、歯石や歯垢を落とすことで、虫歯、歯周病を予防します。毎日の歯磨きでは落しきれない歯の汚れを、歯科医師や歯科衛生士が専門機材を使って徹底的に取り除きます。

仕上がりは、とても爽やかで歯がツルツルになります。口臭・タバコのヤニ・茶渋を取りたい方へも効果的です。健康なお口を維持するためには、歯医者での定期的な歯のクリーニングが理想です。

5、歯科の相談

歯科検診へいらした時は、皆さんのいろんな疑問にお答えしています。例えば、虫歯になりにくい食事について、ホワイトニングの効果、それからご家族の虫歯予防、お子さまの矯正についてなど。ぜひご遠慮なくご相談ください。

横浜市の歯科健診

当院では、横浜市の妊婦歯科健康診査、歯周病疾患検診を受けることができます。対象の方はぜひご利用ください。また、その他の方も、随時歯科検診を受け付けています。定期的に歯科検診を受けて、お口の中を健康に保ちましょう。

横浜市妊婦歯科健康診査(無料)

妊娠による、ホルモンバランスの変化、歯みがき不足などが原因で、歯肉が腫れやすくなったり、虫歯になりやすくなります。 ママのお口の健康状態が、生まれてくる赤ちゃんに大きく影響します。 できるだけ妊娠12週~27週頃に健診を受けて下さい。
横浜市妊婦歯科健康診査の詳細はこちら(横浜市ホームページ)>>

横浜市歯周病疾患検診

横浜市在住の40歳、50歳、60歳および70歳の方は、年に1回500円(70歳の方は無料)で歯科検診を受けることができます。
横浜市歯周病疾患検診の詳細はこちら(横浜市ホームページ)>>

↑
上に戻る